レーシックで悩んだら眼科で相談:短時間視力改善方法

女性の目

最新の方法

新しい視力矯正について

まるばつイラスト

レーシックとは、新たな視力回復手段として、近年世界的に大注目の治療方法です。特に、日本は世界の中でも近視の人口が最も多いとされています。かつて、メガネやコンタクトレンズが視力矯正の手段として一般的でした。しかし、これら2つの方法には問題点もあります。メガネは、度数が強くなると、レンズが厚くなる傾向があります。そのため、メガネが重くなったり、見た目にあまり良くありません。さらに、スポーツなどを行う際には、メガネは使えないという問題も生じます。そして、コンタクトレンズの問題とは、なくしやすいという点です。うっかり捨ててしまったり、落としてしまうことが頻繁に起こります。そして、長年コンタクトレンズを使用することで、目にかかる負担は大きくなることも指摘されています。 こうした問題を全て解決してくれるのが、レーシックという視力矯正です。レーシックに興味はあるが、最先端の治療法であるため費用が気になる、という声が良く聞かれます。医療機関により異なりますが、両目の手術で20万円から40万円前後が多くなっています。

レーシックの手術工程について

レーシックで視力を回復できる人は、近視の人だけでなく、遠視や乱視の人にも効果があると言われています。安全性も日々高まり、世界では毎年数百万人の人が手術を受けています。 では、レーシックの手術について詳しく説明していきます。まず、点眼麻酔を行います。そして、レーザーなどで角膜の表面をふた状に削ります。削られた角膜をめくり、レーザーを照射します。レーザーを照射することで角膜の形を変え、視力を矯正します。その際、レーザー照射はわずか数10秒ほどで終わります。その後、角膜を元に戻し、目を洗浄します。全ての工程は、およそ10分から15分程度で終了し、入院の必要もありません。 このように、視力矯正効果の高いレーシックは、様々な病院で行われています。中でも、札幌には実績や症例数の多い病院が揃っています。こうした札幌の病院の中から自分に合った医療機関を選ぶには、実際体験した人からの口コミなどを参考にすることも役立ちます。さらに、札幌の病院の多くは、無料説明会などを実施しています。札幌で病院を選ぶ際には、こうした機会も利用することが賢明です。